グローブの手入れ方法 ~味のある、使いやすいグローブにするために~

思考法

皆さんのグローブの手入れ方法は正しいですか?

  • グローブが重い
  • 紐が切れやすい
  • パサついて良い音が鳴らない

このような悩みを抱えている方は、グローブの手入れ方法が間違っているかもしれません。

グローブを長く使うには手入れが重要です。また、グローブは革製品ですので、正しく手入れすれば味が出ますし、手に馴染んだ使いやすいグローブになります。一方で、手入れ方法を間違えたり怠ったりすると、使いづらいグローブになる、グローブの寿命が短くなるなどの問題が生じます。

この記事では、グローブの手入れ方法を、その工程が必要な理由や、注意すべき点も踏まえて解説します。正しい手入れ方法を身につけて、使いやすいグローブにしましょう。

必要なもの

グローブの手入れに必要なものは

  • ブラシ
  • スポンジ
  • クリーナー
  • オイル
  • 乾いた布

です。商品のリンクを貼っていますが、絶対にこれというものはありません。いろいろ試してみて、良いと思う商品を使用してください。

手入れ前はこんな感じです。

ブラッシング

まずはブラッシングです。ブラッシングをする目的は、砂埃などの目に見える汚れを落とすためです。

次の工程でもクリーナーで汚れ落としを行いますが、ブラッシングであらかたの汚れを落とさないと、クリーナーで汚れが落ち切りません。

ブラッシング後はこんな感じです。

ブラシは野球用のものが売っていますが、100均などに売っているシューズ用ブラシでも問題ありません。

汚れ落とし

次は汚れ落としです。この作業が最も重要です。

汚れ落としをする目的は、オイルをグローブにちゃんと浸透させるためです。逆に汚れをしっかり落とせていないと、オイルがグローブに浸透しないだけでなく、汚れがオイルを吸ってグローブが重くなってしまいます。

意識することは、細かいところの汚れもしっかり落とすことです。特にヒモの部分は手入れをしないと切れやすくなります。細かいところまでしっかり汚れ落としを行って、グローブを「すっぴん」の状態にしましょう。

汚れ落とし後はこんな感じです。

ちなみに使用するスポンジですが、ナイロンスポンジがおすすめです。ウレタン系のスポンジを使用したこともあるのですが、汚れを落とすというよりは伸ばしている感じがしたのでやめました。ナイロンは目が粗いため、傷がつくイメージがありますが、次の工程で保革するため問題ありません。

筆者が使用しているナイロンスポンジはこちらです。

また、クリーナーもローション(液体)や固形、クリームなど様々な種類がありますが、ローションタイプのクリーナーはあまりお勧めしません。理由は、ローションタイプは革に浸透しやすいからです。革に浸透しやすいため、汚れが染み込んでいる感じがしてやめました。そのため、使用していたクリーナーは固形、クリームタイプが多かったです。

個人的に汚れが落ちやすく、利用し続けていたのはこちらです。

オイル塗布

次の工程はオイル塗布です。オイル塗布の目的は、保革とツヤの保持です。これをしないと、グローブがパサつくヒモがキレやすくなるなどの問題が生じます。ヒモは特に塗るのを忘れがちなため、しっかり塗りましょう。

意識することは、塗りすぎないことです。オイルを塗りすぎると、グローブが重くなってしまいます。グローブは軽い方が使いやすいため、オイルは塗りすぎないことが重要です。

グラブ職人の方に教えてもらったオイルを塗りすぎないコツは、素手でオイルを塗ることです。布でオイルを塗ると、どんなに意識しても必要以上に塗ってしまうそうです。手は汚れますが、必要最低限のオイルを塗ることができます。

オイル塗布後はこんな感じです。

オイルもクリーナーと同様に、ローションや固形、クリームなど様々な種類がありますが、大きく違いはないため、使いやすいのを自分で探してみてください。ただ、繰り返しになりますが、ローションタイプは革に浸透しやすいため、塗りすぎないように注意してください。

オイルに関しては特に差は感じなかったため、匂い使いやすさなど、自身が良いと思うものを探してみてください。

乾拭き

最後は乾拭きです。オイルを塗ってから30分〜1時間後、乾いた布で乾拭きをします。

乾拭きの目的は、余分なオイルを拭き取ることと、グローブに艶を出すためです。

乾拭き後はこんな感じです。

全体を乾拭きしたら手入れ完了です。

グローブ手入れの乾拭き用の道具(グラブムートン等)がありますが、使用してみたところタオルの乾拭きで十分だと感じます。筆者が使用している道具のリンクを貼るので、気になる方は試してみてください。

頻度

グローブ磨きの頻度はグローブの使用頻度によって変わります。オイル塗布は先ほども書きましたが、やりすぎるとグローブが重くなってしまいます。そのため、オイル塗布をする目安は

  • 部活等で毎日使用する人 → 週1回
  • 週末のみ利用する人 → 月1回
  • たまに使う人 → パサついてきたと感じたら

です。

また、オイル塗布のやりすぎは良くないですが、ブラッシング汚れ落としは問題ないので、汚れが目立ってきたら行いましょう。特にブラッシングはブラシがあればできるので、練習後チームメイトと話しながら、帰り道に歩きながらなど手軽に行えます。ブラッシングをするだけでも見栄えが変わってくるため、グローブを使用した日は毎回行いましょう。

また、雨天で使用した際は必ず手入れしましょう。ちなみに、雨天使用後のグローブ手入れでは、手入れ前に日陰の風通しの良い場所で乾かしましょう。その際に、新聞紙を内側に詰めると水分がしっかり抜けます。直射日光が当たると、革の劣化、ひび割れが起こってしまいます。

グローブが乾いた後は普通の手入れで大丈夫です。

まとめ

今回はグローブの手入れ方法について解説しました。

グローブは手入れを怠ると、良い音が鳴らない、弾きやすくなるなどの問題が生じます。一方でグローブの手入れをしっかりすると、使いやすく、味のあるグローブになります。また、グローブをしっかり手入れすると愛着が湧きます。個人的な感覚ですが、グローブに愛着があると守備練習が少し楽しくなります。

グローブの手入れは、グローブを長持ちさせる以外にも多くのメリットがあります。是非グローブの手入れ方法を見直してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました